主治医とのコミュニケーション~抗がん剤第3クール15日目~

~主治医とのコミュニケーションについて~

こんにちは!今日は抗がん剤第3クールを受けてから15日目のことを綴ってみたいと思います。

目次

今日の副作用の状況

今日も冬の空がきれいですね。

1日の寒暖差が激しくなって、乾燥してきているので、こまめに水分補給することが大事ですね。

昨日は大学病院の問診でしたが、待ち時間が長く、家に帰った頃にはとても疲れてしまいましたが、良く寝て今朝は元気復活しています。

今日の体温は37.0度なので、私の平熱からしたら少し高め。ですが、平熱の範囲内ではあるので、短期的だったら問題ないかもしれません。

主治医の先生との問診

抗がん剤の前に毎回問診があるのですが、化学治療がとても混んでいるので、いつもあまり先生と話す時間が取れずにいました。コミュニケーションが上手く取れていないと感じていて、一時はそのことが原因でセカンドオピニオンを検討しているくらいでした。(結局問題が「コミュニケーション」ということで、セカンドオピニオンでは解決しない。と理解しました。)

今回主治医の先生が問診だけに時間を取ってくれたので、夫と行ってきました。

質問はあらかじめ箇条書きにしておきました。主な回答を以下にまとめてみました。

私の癌の理解のため、聞いたこと

【診断の詳細について】

・病理検査の免疫組織化学のER/PgRの数値についてどんなことを示しているか、教えてください。

:ER/PgRは ホルモン感受性を示す数値であり、TS8が最高値ERのほうが優先され、PgRはあくまでも補助的なもの。(私の場合はERがTS8であるので、最高値を示めしていることから、ホルモン陽性治療が最適)

・癌のグレードを教えてください。

癌のグレードは手術してから病理検査をしないと正確には判断できない。しかし、Ki-67の数値がグレードに置きかえ判断することが可能。(私の場合Ki-67の陽性率30%なので、低くなく、高くない。グレード2と判断できる)

【抗がん剤治療について】

・3回目の抗がん剤の副作用として「倦怠感」を強く感じました。吐き気止めが原因かもしれません。何か対処はできますか?

:倦怠感は抗がん剤治療をしていると多く出る副作用で、吐き気や頭痛など頓服で解決できない症状であり、対処することは現在できません。我慢するしかありません。また、吐き気止めが原因と明確には決めることができません。倦怠感は原因が複数ある場合があるので、何が原因か特定することは難しいのです。

※5クール目以降の次の抗がん剤(タキサン系)については、来週の月曜の抗がん剤投与時に詳しく説明するとのこと。

【手術について】

・手術のスケジュールを教えてください

:抗がん剤8クール終了後、検査を含め1か月後を予定しています。

・手術は温存術ですか、全摘ですか?

:現在は「温存術」をするつもりでいます。温存術をする場合は、腫瘍のサイズが重要になります。例えば3センチの腫瘍があった場合、3センチだけを切るというわけにはいかず、1・2センチ大きめに切り取るので、6センチ切る・・・というような形になります。部分切除は、腫瘍より部位を大きく切るのです。なので、抗がん剤でできる限り小さくします。抗がん剤前の腫瘍のサイズが大きかったから、大きく切るということではなく、抗がん剤で小さくなれば、切る範囲も少なくなります。

・温存術と全摘の生存率は変わりますか?

生存率は変わりません。ただ、再発率は変わります。5%の違いです

・脇の下は切りますか?

:手術の時にセンチネルリンパ節を切り取り生検して転移を調べます。脇のリンパ節を切ると、リンパ浮腫が出るので、転移が無ければ、切りません。(私の場合、画像を見ると少し疑わしい箇所があるそうです。)

【今後の治療について】

・手術後に再度抗がん剤をする予定はありますか?

手術後に抗がん剤は行いません。臨床で抗がん剤を後にも使う例はありますが、術前抗がん剤を使い、術後に抗がん剤を使った場合の効果が示されていません。生検で癌取り切れなかったと分かった場合は再手術となります。また、放射線治療とホルモン治療は必須で行います。

・・・・こんな感じでちゃんと話をする時間を頂き、疑問に答えてもらいました。

特に手術の方針で明確に「温存術」を目指していること。(これは抗がん剤治療の一つの目標にもなり得ます。)また、術後に抗がん剤を行わないこと。(これによって仕事復帰のスケジュールが半年以上も違ってしまいます)

この2点を確認できたのは大きな収穫であり、またこちらから確認しないと聞けないことであったので、私の中では説明いただいてとても良かったと思います。

先生は癌の専門家であるので、上記は標準治療内の当たり前のことと思います。

ただ私は専門知識が無いので、当たり前のことが当たり前に分かりません

「今回こうして話してもらって、妻も納得してとても励みになります。」と夫が先生にお礼を言うと、

「良かったです。またこのような時間を取りましょう。治療がんばってください。」

と言ってもらえました。

いつもは忙しい先生と慌ただしく問診で正直「雑な扱い」を感じてしまうこともありましたが、今回は時間的に余裕があり、ゆっくり丁寧に説明していただけました。

納得がいくと治療に向かうモチベーションが全然変わりますね。

あやうく無銭飲食

今回は地元駅付近でお昼を食べてから、病院へ向かおう!と夫と定食を食べ、支払いをする時、

「財布が無い・・・」ことに気づきました。

準備万端で出たのに、肝心の財布が無い~~。持っているのはスマホだけ。。。

そのお店はスマホ決済NGだったので、「夕方でいいですよ~。」と支払いはツケにしてもらうことに。

スマホ支払いに慣れた今ですが、まだまだ現金持ってないと困る場面が多いですよね。。。

駅はスマホでOKでしたが、病院の支払いはNGで、またまたツケ払い。ってことに。。。

こんな時、夫は絶対に私のことを怒りません。

なぜなら・・・夫は私以上に財布を忘れるから。今回ももちろん持ってなかったのです。

現金が無いことで、いろいろ説明して気疲れしてしまいました。現金ってまだまだ必要。と思った1日でした。

乳がんに関わるブログ村のランキングに参加しています。応援のためにクリックを是非お願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

昭和50年産まれ、うさぎ年の45歳、2人の子持ちママメグです。
血液型0型。
2020年9月に乳がんと診断が出ました。
がん患者になって、分かったこと。家族との日々の生活。がんと仕事。がんと美容。など日々の記録を綴っていきたいと思っています。

コメント

コメント一覧 (0件)

  • meguさんこんばんは。
    先生と上手くコミュニケーションがとれてよかったですね✨やはりきちんと納得できると治療へのモチベーションも変わりますよね今後も時間をとってもらえるのもすごく安心感がありますね。

    私の場合、可能な状況なら腋窩温存をお願いしたのですが…その確認と相談が手術前日の夜7時頃だったので、(手術までの待ち時間はたくさんあったので)もう少し早くその話し合いができたらよかったなと思って…。利き手なのでリンパ浮腫も嫌だし、でも再発はもっと嫌だし…と頭フル回転で悩みまくってかなり疲れてしまいました

    もうご存知だと思いますが…

    http://jbcs.gr.jp/guidline/p2019/guidline/g4/q23/

    先生にとってあたりまえすぎる事すらこちらは素人でわからないので…本当にコミュニケーションは大事ですよね

    • キキさん、こんばんは。
      手術の前日の夜7時頃に相談だったのですね。それは遅い時間だし、とっても疲れたことでしょう!
      疲れて判断も難しくなりますよね。再発は1%でも少ないほうがいい!
      センチネルリンパ節生検の情報ありがとうございます!まだ調べてないので有難いです^^
      先生はもう何百回と経験されてるけど、こちらは人生にとって一大事。時間があれば話したいですよね。

  • さっき忘れて送信してしまいましたが…
    旦那様、優しくて包容力抜群で素敵〜と思ったら…まさかのオチで思わず笑ってしまいました✨

    • キキさん、
      携帯の変わりにTVリモコン(小さめのやつ)を持って行った逸話があります(笑)
      怒られないから楽でいいですね^^

      • 旦那様お茶目な方なんですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

        手術の日程などがきまる頃に、きっとmeguさんも先生からセンチネルリンパ節生検についての資料とかもらえるかと思います。

        再発の確率は低くしたいですよね!

        素人ながらに色々決めなくてはいけない事の連続で…なかなか悩みますが、やはり納得できるまで質問し、わからない事は聞いて理解する努力も必要なんだなぁって痛感しました。

        私、先生と話をするまでセンチネルリンパ節の数が人によって違うとかもわかってなかったし(複数あるとか考えてなかったんです)

  • meguさんおはようございます
    先生と向き合って話し合うことが出来て良かったですね!
    吐き気止めの件は先生に理解して貰うのは、やはりハードルが高いのですね。この前のお話はあきピヨさんて方のなんですけど、先生に納得してもらうのに自分で実験して、体調の悪くない時に飲んで実証したと言ってました。私もまさかの同じ薬が処方されてて、薬局で確認したら「それのジェネリックでお出ししてます」との事。その薬は大丈夫だったのでホットした記憶があります
    ちなみにこの前のYouTube技術が無くて貼り付け出来なくてごめんなさい。あきぴよ 吐き気止めで検索出来ました。良かったら参考に
    手術も温存目指せそうで良かったですね。
    私と同じ上部だと変形が以外と抑えられるみたいです。下部の友人は背中の組織を移植したと言ってました。
    日曜日、ウィッグデビュー出来ました。夫の無理やり言った感のある「かつらってわかんないよ」の言葉を信じて出掛けてみました。でもこのウィッグ帽子とセットじゃないと無理なんです。1度出かけてしまえば何とかなるかな
    昨日2回目の抗がん剤行ったのでその時看護師さんに皆さんどうしてるか聞いたら「帽子の人もいらっしゃいますし、その場でボンと外してケア帽子に変えたりしてますよー」との事
    色々悩みましたが結局半個室なのでそんなに気にしなくても大丈夫でした、

    • プチトマトさん、こんにちは!
      吐き気止めの件、教えてくれてありがとうございました。
      あきぴよさんくらい調べて確証があれば先生も取り合ってくれたと思います。伝え方もありそうですよね。
      あきぴよさん、がんサバイバーでたくさん動画UPされているんですね。面白そうなので、見させていただきますね^^
      ウィッグデビューおめでとうございます♡
      お出かけする時は帽子とセットのほうが安心感ありますよね。
      最近、お店で食事する時はウィッグのみになりました。
      ウィッグだけの時は、こんな感じのマジックテープ付きのインナーを使って装着すると、ズレの心配が少なくて良かったです。
      https://item.rakuten.co.jp/wigwigrunes/medicalcap1/?iasid=07rpp_10095___eb-khcz93si-8r-434d2dd7-b26a-47d1-af49-42dadb9e66e4

      • 良い情報ありがとうございます。インナーキャップ色々見かけましたが、このタイブは初めて見ました。じっくり見て見ますね!

      • あきぴよさんウィッグのオンラインショップされていて、おすすめのウイッグ買ってしまいました。昨日届いて試着してみると毛量少なめで髪質サラサラで良かったです。
        ちょっと思ったより明るめで若向け過ぎるかなと、思うのですが新しい自分ということで
        これな、外に帽子なしで行けそうです

          • そうそう、それです。Hブラウンを買いました。こちらはショートなので普通に使えそうですが、もう1つ同じ色でシンプルロングボブを買ったんです。注文した時11月入荷だったのに12月に途中で変わってしまったから、すぐに欲しくてロングを追加注文したらまさかの同時配達でした。シンプルロングの方は主人に「お水っぽい」と言われてしまいちょっとへこみ中ですが帽子やゴムで止めたりすれば平気かなと思ってます。元々このくらいの長さがあったので1つは欲しいなと思って。私はハーセプチンもあってそれは1年かかり、長いウィッグ生活になるので、自分らしいもの探してます。meguさんの買った天使シリーズも検討中だったのです。夏に向けて軽いヤツ。実は私もプリシラの帽子ウィッグショート持っててそれとの違い教えて貰えたら助かります千葉県在住なのでお店にも行けるかも。
            長々とすみません。

          • プチトマトさん、

            プリシラの帽子ウィッグとの違いですね。私が持っているプリシラの帽子ウィッグはボブタイプなんですが、
            ・帽子の部分かぶりやすい変わりに、厚みがあるので、頭皮へのフイット感が無い。(乗せてる感がある)
            ・つむじに縦の縫い目が出ていて、ちょっと不自然
            ・ボリュームがありすぎて、カツラ感が出ちゃう
            ・毛の痛みが早い
            天使シリーズ
            ・皮膚にフィットする薄さ
            ・毛量が少ない。自然だけど、よくよく見ると前髪が若干薄すぎて下のインナーが透けて見える場合も(インナーが黒なら気にならないかも)
            ・サロンで買うと、無料で産毛と前髪カットしてもらえるから、耳掛けスタイルもできる

            こんな感じかな。
            できればサロンに行って欲しい~。満足度が全然違います!自分に合わせてもらえるし、かぶり方もレクチャーしてもらえるので、
            家で再現率が高い。
            プリシラは自分で産毛とサイドをカットしたけど、不自然です。
            もったいないからこちらは帽子とセットで使っていますー

  • meguさん、こんにちは!!
    お久しぶりです。
    先生にお時間をつくてもらえてよかったですね。
    患者としてはやはり、不安でいっぱいですものね。
    医師とのコミュニケーションは大切だと、meguさんの記事を拝読し、改めて思いました。

    私は手術が先とのことで、今月中に入院・手術をする予定です。
    手術の結果をみて、今後抗がん剤を投与するかどうか決めるのだそうです。
    私の場合は、右胸全摘となります。

    • なななつさん、お久しぶりです!
      8月下旬の告知から手術が決まるまで、大変な毎日だったことと思います。
      今月手術とのことで、方針が一つずつ決まっていって良かったですね。
      手術もとても怖いと思いますが。
      私は抗がん剤の後手術になるので、なななつさんにいろいろ教えてもらうことも多いと思います。
      これからもよろしくお願いします^^

  • メグさんこんにちは。
    主治医に聞きたいことを聞けてよかったですね。うらやましいです。わたしの主治医も手術で腫瘍をとってからじゃないと、正確なことがわからないと言って、あまり詳しい情報を教えてくれません。ki-67の数値さえ教えてもらってません。わたしも、主治医とのコミュニケーションをうまくとれるように、なんとかしたいです。

    • いも子さん、こんにちは!
      主治医によって、いろいろですよね。
      私の場合ですが、話す前にかかっている病院の乳腺科のサイトをチェックしてみて、「温存術〇〇%」というのをアピールして
      いたので、そういう方向に考えているかもしれない。。とかある程度予想してみました。
      しかし、実際に話してくれないとやっぱり確証は得られないし、「どうなるか?」という不安は残っちゃいますよね。
      Ki-67の数値知りたいですよね。。。
      「針生検のデータのコピーをもらえますか?」と言ったら、データをくれて、数値が乗っていたので、
      機会があれば言ってみてください。
      先生と上手くコミュニケーション取れますように!

コメントする

目次